▼お薦めサイト情報

リバイタッシュ購入

顎関節症の治し方

顎関節症という名前を聞いたことのある人は多いでしょうが、顎関節症の名前だけ知っててもその症状には詳しくなく、実際に自分がそれだと思わないまま、体調不良を抱えている人も案外多いです。

顎関節症というのは簡単に言うと、あごの関節の周辺に異常が起きていて、痛みがあったり、妙な音がしたり、口が開けづらいなどといった症状が現れている状態です。

顎関節症の症状の軽い人であれば、硬いものを食べた時などに一時的に痛みが起きたが、しばらくしたらすぐに痛みは消えてしまったということもあります。

このくらいの軽度の顎関節症の人の場合、自分が顎関節症だなどと思わずにそのまま放置している人も多いのではないかと思います。

軽度の顎関節症の場合には、放っておくと自然治癒で改善してしまう場合もあるので治し方などを考える必要もなく、余計にそのようなことが多くなるのでしょう。

しかし顎関節症も軽度であればともかく重症になると生活にも大きな影響が出ますし、最悪、手術が必要になる場合もあります。

軽度でも顎関節症の症状が出ているということは、顎関節症の原因となるような生活を送っているということです。顎関節症は生活習慣から発症することも多い病ですので、軽いうちに顎関節症の治し方を実践し、悪化を防ぐようにしましょう。

顎関節症の治し方を考えるには、顎関節症に影響する生活習慣を考える必要があるでしょう。歯ぎしりや気が付くと歯を食いしばってしまう、片方の歯でばかり噛んでいる、うつ伏せ寝や頬杖など顎に負担をかける癖がある、噛み合わせが悪い、悪い姿勢のせいで筋肉に余計な負担がかかっている、など様々な理由が考えられます。

歯の食いしばりやかみ合わせの治し方については、歯医者に行って矯正するのが良いでしょう。食いしばりを防ぐためのマウスピースなどもあります。

片方の歯で噛む癖の治し方は、普段の生活の中で意識して地道に変えていくのが良いでしょう。また、うつ伏せ寝や頬杖などの癖の治し方も同じです。自分で意識して変えることが出来るでしょう。

しかし意外と難しいのが姿勢の治し方です。自分ではきちんと意識して正しているつもりでも、ちょっと集中するとすぐに猫背になってしまっていたり、左右のバランスが崩れて片方の肩が下がっている場合は、自分ではまっすぐ立っているつもりでいることが非常に多いです。

また、先ほど上げたかみ合わせや歯の食いしばりは、姿勢の悪さから身体がバランスを崩して首に負担がかかり、その結果噛み合わせが悪くなったり、食いしばりが起こったりすることもあります。

ではこの姿勢の治し方はどのようにすればいいのでしょうか。このような身体のアンバランスの治し方は、足にポイントがあります。足に問題が発生していることが非常に多いのです。

考えてもみてください。足というのは地面と直に接触する、身体を支える土台のようなものです。ここがバランスを崩していたら、その上の部分も全部崩れてしまい、立っているだけでもバランスが崩れた分のフォローを行うために体のあちこちに余計な負担がかかります。

この負担が、筋肉の疲れや首や背中の骨の異常、姿勢の悪さに繋がっているのです。ですから、顎関節症の再発をしっかりと防ぐ治し方に、足のバランスを整える治療は必須です。

では何故、足のバランスが悪くなってしまっているのでしょうか。これは現代人の場合はほとんどが、合わない靴と運動不足です。

足のサイズをしっかりと測定して自分の足にあった靴を履くようにするのと、適度な運動を行うようのがこの場合の治し方のコツです。

ただし、すでに崩れてしまっているバランスは、それだけでは改善することはできません。テーピングやサポーターを利用し、足を正しい形に誘導することが治し方のポイントです。このように地道に治し方を実践して、顎関節症を改善していきましょう。

お薦めサイト

リノベーションの工事費用を複数者から比較検討できる、リノベーション費用見積比較ナビ。

新着情報

 2014年10月28日:施術の違いについて
 2014年10月28日:腰痛のコルセットについて
 2014年10月28日:TOP
 2014年10月17日:健康と美容のためのダイエット
 2014年10月17日:健康になるためのストレッチ