顎関節症の治し方.com » バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム

バリアフリーにするために、間取りをどうしたらいいか考えてみましょう。例えば、部屋数を少なくすることによって部屋ごとの段差をなくすこともできます。そしてドアは大きめに作った方が後々役に立つでしょう。

また、大きいとそれだけスペースが無くなってしまうと言う人は、スライド式のドアなどがいいでしょう。これならばスペースを少なくしても、大きく広いドアが作れます。

車椅子の場合にはスライド式でないと非常にドアが開けにくくなるので、そういった面でもスライド式は有効です。それから、開放的な空間、開放的な間取りであるという点も見逃すことはできないでしょう。

基本的に収納性が高い家の間取りというのは実はバリアフリーに向いています。それだけ開放的ならば、実は将来的にスペースを広くするということができるからです。

リフォームするときには現状の満足度を高めようとしてしまいますが、将来的なことも考えて、解放的な空間をキーポイントにしていって、設計すれば、それがバリアフリーに繋がります。また、空間の壁を間仕切りにしておくことで、さらに利便性を上げることが容易になります。