顎関節症の治し方.com » すべり症に負担をかけないようにする

すべり症に負担をかけないようにする

すべり症は、その患部に負担を与えるたびにダメージを負います。そうなると症状が悪化して大変辛い状態になるでしょう。だから、そのようにならないように負担を減らしたほうが良いですね。

悪化を防ぐようにするためには、無理な体勢などをしないようにしてください。例えば、体の機能がそこまで良くないのに無理に背中を反らせる行為はいけません。

と言っても、運動のためには仕方がなくする場合があるでしょう。その場合に備えるのが体操です。それをすることで、無理にやっても多少ですが症状の悪化を軽減することができます。

まあ、流石に症状がかなり進行しているとダメですが、ある程度軽い場合ならそれでダメージを減らすことができます。

また、運動前と後に体操とストレッチをしておくと良いでしょう。それで体の疲れを取りつつ、体を鍛えることが出来るので良いです。ちなみに、マッサージやお灸などをしても効果的なので、やってみると良いでしょう。

また、コルセットを使うのも良いでしょう。コルセットを使うことで症状を固定し、それ以上症状を悪化させないようにすることができます。

ただし、使いすぎはよくありませんので、適度に外して運動をするようにしてください。ただ、すべり症の症状が悪い場合は、付けておきましょう。そうでないと症状を止めることができません。下手をすると激痛で歩けない状態になる場合もあるので注意してください。

このようにすべり症の悪化を防ぐことができます。他にも様々ありますので、出来る限り頑張ってダメージを減らしましょう。ただし、運動をしてしっかりと筋肉を付けてくださいね。

これをしないとすべり症は治りません。また、症状が行き過ぎると手術なども視野に考えてください。でないと本当に歩くことができなくなるでしょう。