顎関節症の治し方.com » 椎間板ヘルニアとスポーツ

椎間板ヘルニアとスポーツ

スポーツ選手も椎間板ヘルニアには悩まされており、ゴルフや野球、テニスなど腰にひねる動作を加えることで常に強い負荷が掛かってしまうスポーツでは特に発症しないよう注意されています。

普段から筋力トレーニングなどを行って腰にかかる負担に負けない体作りを心がけている人たちですら発症してしまうのですから普段運動をしていない人が腰に強い負荷を掛け続けてしまった場合、発症してしまう確率は高いものになるのではないでしょうか。

スポーツ選手は様々な運動をすることで体全体を鍛え怪我をしにくい身体を作っています。今までこれといった運動をしてこなかった人も日常的に運動をするようにすれば椎間板ヘルニアに発症する可能性を減らすことが出来ます。

運動といってもハードなトレーニングをいきなり行っても逆に身体に負荷が掛かってしまうので軽い運動を日常的に行うようにするだけでも身体は十分に鍛えられます。

そうした点からヘルニアの予防に効果的とされている運動がウォーキングです。1日30分欠かさず歩くだけでもまったく運動をしていない人よりも遥かに椎間板ヘルニアになりにくくなります。

その他にも簡単に行えるトレーニングに腹式呼吸があります。ゆっくりと深く呼吸をすることでお腹周りのインナーマッスルが鍛えられ、骨にかかる負荷を分散させることが出来ます。

トレーニングの際注意しておきたいところはこうしたトレーニング法はフォームなどを意識して行わないとあまり効果が出なかったり、逆効果になってしまう恐れがあるので、書籍やインターネットなどを参考にして正しいやり方を身につけるようにしましょう。

健康な身体を作るのに一番大切なのは健康的な生活を心がけることです。毎日少しずつでも運動を続けたり食事の栄養バランスに気を使うことで、椎間板ヘルニアだけでなくそれ以外の病気にもかからない健康的な身体を手に入れることができます。

今まで身体を動かしてこなかった人はこれから先も健康を保つためにスポーツを始めてみてはいかがでしょうか。