顎関節症の治し方.com » 指圧と歴史

指圧と歴史

指圧は世界的に有名な治療法です。明治時代にはアメリカの三大整体術と言われる、カイロプラクティックやオステオパシー、スポンジロセラピーが国内に伝わり、その後古法按摩や導引按、活法などとの融合が起こりますが、これが原点となり、大正時代頃に出来たといわれています。

戦後はGHQによって手技が禁止されますが、昭和30年になるとあん摩(マッサージを含む)が復権し、39年にはあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師等に関する法律が施行されます。

また創始者は誰か、成立した時期などについては様々な説がありますが、確立した人は、浪越徳次郎さんと言われています。

浪越徳次郎さんは日本指圧専門学校を設立し、テレビ番組などにも出演された方ですが、もっとも有名な話としてはマリリンモンローさんに指圧治療をしたことがある、というものがあります。

またこの日本指圧専門学校の第一期卒業生として、増永静人という方が経絡理論を融合し、経絡指圧を確立したことも有名です。増永流の技術は、オリエンタリズムの主流文化として欧米に広まり、禅指圧と呼ばれて普及しました。

浪越徳次郎さんは、「指圧の心は母心」、押せば命の泉湧く、と語られています。この方法は、指や手のひらだけを使って施術する、人体にとても優しい施術法です。

診断を受ければすぐに治療ができる、つまり診断即治療の効果が高く、病院では診察から治療まで長い間待たされることがあっても、より痛みを緩和させるための時間が短いというメリットがあります。

指から伝わるケアによってコミュニケーション効果もあります。ファミリーケアとしても推奨され、家族の団欒を深めるためにも有効です。

これは現代医学や東洋医学などとも違います。特に即効性の高さでは一目置かれる存在であるとも言えます。最近は足ツボマッサージなどを施術するところも増えていますが、これもこの技術の一種です。