顎関節症の治し方.com » 椎間板ヘルニアの治療について

椎間板ヘルニアの治療について

頸椎や腰椎といった部分においてヘルニアを生じることにより発生する椎間板ヘルニアでは、神経が圧迫されることでめまいや頭痛、吐き気などといった様々な症状が発生しますが、やはり一般的なのが痛みやしびれの症状です。

そのような症状があると当然ながら日常生活の中にも大きな負担となってくるので適切な治療が必要となってきます。

現代では椎間板ヘルニアに対する治療法というのも十分に確立がされていて、一般的には外科的な手法を用いる手術療法というものは行わずに、患部の状態の悪化や症状の進行を抑え、出来る限り痛みなどの症状を緩和していくことを目的とする保存療法が用いられています。

それにはやはり手術となると身体にかかる負担が大きいことが考慮されています。では保存療法について大まかにご紹介をして行くと、まず椎間板ヘルニア自体の時期・状態によって用いられる方法が大きく変わってきます。

というのも椎間板ヘルニアが急性期で激しい痛みがある場合には様々な手法を施すのも難しく、まずはとにかく安静にして患部に刺激を与えない、患部を十分に休めるといった方法が取られます。

場合によっては、鎮痛剤や神経ブロック注射を用いて痛みを抑制する治療をすることがありますが、まずは急性期の症状が十分に治まるのを待つという形になります。

そして症状が落ち着く慢性期に移った後に積極的な保存療法を取り入れていくこととなります。保存療法の方針は先程述べたようなことから、その目的を達成できるように筋肉の強化などを中心に進めていきます。

まず一般的な手法として挙げられるのが運動療法と呼ばれるもので、リハビリテーションやストレッチなどで経験があると思いますが、運動の中で患部にかかる負担を軽減できるように筋肉の強化を行っていきます。

当然患部に衝撃が加わると様々な症状が発生するので、その影響を低減させるといった目的ですね。他にも理学療法や物理療法、薬物療法なと様々な治療法があり、患者によって最適なものが提案されています。