顎関節症の治し方.com » リフォームとスロープ

リフォームとスロープ

家を作るとき玄関の部分には、どうしても段差が出来てしまいます。その段差を解消するためにスロープを設置し上り下りをしやすくする補助をします。

リフォームの際、長さによって勾配が変わるためその基準は、建築の法律により定められています。これを取り付けることで、車椅子での移動も簡単です。さらに、歳を重ねることで生じる足元の老化にも大変効果があります。

スロープは、コンクリートで固めて作り左右に手すりを取り付けます。幅は、介護施設などでは、車椅子が二台で行き来できるようにしますが、一般住宅であれば一台が通れる900ほどにするのが一般です。

私が以前取り付けたお客様は、同居のおばぁちゃんが膝が悪く段差の上り下りが大変だということで設置を決められたそうです。

玄関には、3段ほどのアプローチ階段があり普通の方ならなんの不自由もないくらいの低い段差の階段でしたが、膝が悪いおばぁちゃんからしたら一苦労もの。外壁に手をかけて移動してました。

工事は、既存のアプローチ階段を一旦半分壊し、そこにリフォームで取り付ける幅の形枠を取り付けコンクリートを流し込みました。