顎関節症の治し方.com » フットケアの用語

フットケアの用語

フットケアはドイツ式が最も進歩していると言われています。日本でもこのドイツ式の手法を用いたサロンが多くあります。ドイツでは国家資格として認定を受けると、幅広い分野で活躍することができます。

また日本でも、今後はフットケア指導士などの資格を取った方が様々な領域でリーダーシップを発揮することが期待されています。

ドイツ式フットケアで基本となる用語として、フットプリントがあります。フットプリントは足裏の形、および体重がどのように分散しているか、についての問題点をチェックするために使用されます。3点の重心、そしてバランスや、アーチの乱れが起こっていないかが一目瞭然でわかります。

また足底パックとは、タラソテラピーと呼ばれる健康法の本場であるフランスから取り寄せた泥を使用し、足にパックをします。

足底がとても温まり、またデトックス効果も高く、足のむくみの解消にも効果があります。またフットケアではストレッチも利用できます。

ストレッチはよくあるように柔軟性を高めることに他に、関節の可動域を広げるためにも有効です。肩関節や膝関節、また腰の関節にもストレッチは必ず使用されますが、足の柔軟性にとっても大切な治療法です。

骨と関節、そして靭帯と筋肉が組み合わさって出来ている足には、全身の骨の25パーセントが集まっています。この足のストレッチをすることで、ちょっとした衝撃ではびくともしないようなクッション性の高い足を維持することができます。

またインソールもドイツ製のものを使用するところが多くあります。足底の型をとってから、個人個人の足の形にあったインソールを製作します。

若い方はソールの平らな外観のよいスニーカーを履いている方も多いですが、このような場合でもちょっとしたインソールを試してみるのはかなり価値があることです。

不明な点があればサロンの人に聞いてみると丁寧に指導してもらえます。また普段足について気付かなかったようなことも多くあります。