顎関節症の治し方.com » 健康と糖尿病

健康と糖尿病

糖尿病とは、慢性的に血糖値が高くなる病気で、インスリンの不足、またはその作用がうまく起こらないことなどが主な原因です。血液中のブドウ糖値が上昇し、血糖値が高くなります。

また糖尿病はサイレントキラー、つまり風邪のように症状が明確でないタイプの万病の元とよく言われる病気で、放置してしまうと様々な種類の合併症を起こして健康を崩し、生活習慣病になってしまいます。

ブドウ糖とは、血糖のことです。からだを動かすためにはなくてはならないエネルギー源ですが、一定の濃度を超えると糖尿病になります。

また血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されますが、インスリンは血糖を下げる唯一のホルモンで、筋肉や臓器の細胞にブドウ糖を取り込んだり、脂肪やグリコーゲンとして蓄積する健康作用ももたらします。

糖尿病で怖いのは、合併症です。全身の血管が蝕まれると、神経障害や網膜症、糖尿病腎症などの合併症になる確率が高くなります。また心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる重大な病気になる確立も高く、これらのうち日本人でもっとも発症率が高いのは、脳梗塞です。

糖尿病自体も生活習慣病ですから、その健康を維持するための予防にも治療にも大切なのは、生活習慣を徹底して見直し健康的にすることに他なりません。特に肥満症は健康を損なう重大な欠点となりがちです。

肥満はインスリンの効果を減少させてしまいます。軽度の体重の減少でも大きな健康効果をもたらしますので、まずは適度なカロリーコントロールを目指し、バランスのとれた食事メニューを実践していくのが大切です。

また運動療法では、筋肉が減るのを防ぎ、脂肪が減るのを助けます。基礎代謝が低下すると、エネルギーの消費量が減って太りやすくなります。とくに水泳のような全身を効率的に動かすことができる種類のスポーツが健康効果が上がります。

食事の改善、そして運動でも血糖値がなかなか健康値にまで下がらないという重度の糖尿では、医師に薬剤を投与してもらいます。飲み薬や、インスリン注射なども使用されますが、用法は常に正しくしないとかえって健康を悪化させることもあります。