顎関節症の治し方.com » 頚椎ヘルニアについて

頚椎ヘルニアについて

頚椎ヘルニアは、皆さん知っての通りの頚椎、要するに首の部分に出来たヘルニアです。髄核が外側に飛び出て炎症を発生させている状態で、神経根を圧迫して痛みを出すでしょう。

椎間板ヘルニアの方が馴染みのあるヘルニアですね。ちなみに、椎間板ヘルニアと言っても、腰の方ではありません。先程説明したように首の部分ですから間違えないようにしてください。

頚椎ヘルニアは、神経根が圧迫することで激痛を出しているため、これをなんとかしないといけません。そうでないと動いた時に神経根を刺激してとても痛い状態になります。

それだけならまだなんとかなるのですが、ヘルニアの厄介なところが全身の機能を良くない状態にしてしまうことが在る点です。

要するに、体全体がしびれや脱力感、機能不全などをすることがあるので注意しないといけません。最悪、体を動かせない状態になることもあるので注意しないといけないでしょう。

まあ、ある程度症状が進行しないと、このようになりませんので安心してください。ただ、油断だけはしないでください。出来る限り早めに対処をしましょう。

頚椎ヘルニアを発見した場合、すぐに対処をしないといけません。進行が比較的初期段階なら結構治療方法も在りますが、進行が末期状態になると手術をしないといけない状態になっている場合が在りますので注意しましょう。

それに、軽い状態ならそこまで大変な事になりませんので、早期発見をして治療をしたほうが良いですね。ちなみに、体が動かない状態になっている場合は大変危険なので注意しましょう。

このように頚椎ヘルニアがあります。ヘルニアであることは変わりませんので、しっかりと治療を受けて回復させてください。手遅れになると大変なことになりますので注意しましょう。尚、頚椎ヘルニアは腰椎ヘルニアと比べて、大変危険な状態になる場合が在りますので注意です。